学べる制度

働く人の視点から

グローバルOJT

DOCOMO Digital Germany GmbH出向

IT産業において、欧米より多数の革新的なサービスが生み出されていくのを見聞きするなかで、わたしは現地の商文化や、背景にある価値観を知りたいと感じるようになりました。そして、グローバルな環境で国際感覚を鍛え、同時にドコモ(日本)を客観的に捉える視点を身に付けたい、と考えグローバルOJTにチャレンジしました。

派遣先は、ドイツのDOCOMO Digital Germany GmbH。多国籍なチームのなかで、グローバル営業戦略の立案や経営指標管理を担当しました。ロンドンやミラノなど他国オフィスのメンバーと組んだ日々は非常にエキサイティングで、充実したものでした。

海外勤務を経たことで、日本にとってのあたりまえが海外ではそうではなかったことなど、日本や自分を相対化して捉えることができるようになり、以前より広い視点で戦略を分析できるようになりました。また、各国の通信事業者と仕事をしたことで、携帯電話の新しい使い方についても見聞を広げられたと思っています。OJTを通して、さまざまな国を訪れ、日本とは違う文化やバックグラウンドを持つ人々と知り合い、人としての引き出しを増やすことができたことは、今の自分の自信にもつながっています。

現在わたしは、ドコモの携帯電話を通じて、お客さまの暮らしにさらなる付加価値を提供するために、他企業と連携しながら、さまざまな戦略企画・交渉を行っています。国内外を問わず、優れたサービスをいち早く発見・導入し、より多くのお客さまに感動と驚きをお届けしていきたいです。  

スマートライフ推進部

高木 章宏

2010年入社

キャリアアップのための学べる制度

ドコモでは、社員に必要な行動能力として、コンピテンシーを定義しています。
このコンピテンシーに沿って、人材育成のフレームワーク、育成プログラムの策定を行うことで、
統一性・連続性のある育成体系を実現し、社員一人ひとりの成長とスキルアップを図っています。

ドコモグループの社員に求めるコンピテンシーの考え方

コンピテンシーとは、知識やスキルを「効果的に活用する行動」のことです。

知識・スキル

コンピテンシー

行動・成果が生まれる

行動・成果が生まれる

能力開発プログラム

ドコモでは、入社3年目までの若手社員に対しマインド・スキル・知識の観点からビジネスパーソンとして、ドコモ社員として必要な能力を開発しています。各年次ごとに必要と考える能力開発を行い、成長を促しています。また、若手社員だけでなく、あらゆる階層の社員が自身が伸ばしたいスキルを考え自由に応募できる「選択型研修」や専門スキルを習得する「エキスパート研修」があります。自己啓発では、語学スクール通学に関する支援などスキルや資格取得に関する幅広い支援があります。

研修
若手社員育成研修 導入研修 ドコモの事業理解に加え、ドコモ社員として土台となるスキル・マインドを体得することを目的とした研修
集合型研修 ロジカルシンキングや問題解決フレームワークなど、ビジネスパーソンとして必要とされるスキルを習得する研修
選択型研修 社員一人ひとりが伸ばしたいスキルにあわせて多彩な研修コースを用意。各自希望する研修を選択し受講可能
【研修例】「交渉力研修」「データ分析・活用研修」「デザイン思考研修」
エキスパート研修 各業務分野に求められる専門的なスキル習得のための研修。各自希望する研修を選択し受講可能
【研修例】「法人IoT入門研修」「法務研修(出資、提携)」「ネットワークセキュリティ研修」

※研修プログラムは2018年度に実施した内容です。

自己啓発支援
語学スクール支援、資格取得支援、通信教育など、一人ひとりの主体的能力開発のための支援制度

社員のチャレンジ意欲を支援する「社内公募制度」

チャレンジ精神旺盛な人材を発掘・登用するために、「社内公募制度」を実施しています。
社員はこの制度を通じて、特定のスキルが必要な事業や新規分野の事業などのポストに自発的に応募することができます。

異業種企業への社員派遣

パートナー企業との「協創」による新たな価値創造をめざし、「ドコモ出稽古プロジェクト(異業種OJT)」を実施しています。
このプロジェクトは、社員を異業種企業に原則1年間派遣し、異なる環境下で新たな業務に挑戦する場を提供することで、ドコモにはない新たな視点やスキルを取得する人材育成プロジェクトです。ビッグデータの活用など、来たる未来に必要となりそうなスキルを経験できる企業への派遣を増やし、先を見据えた能力開発を行える機会を社員に提供しています。

イノベーションの創出を促進する育成プログラム

ドコモでは、新しい製品やサービスの基となる斬新なアイデアの創出を後押しする育成プログラムを実施しています。
プログラム構成は、まずサービスの創出に携わりたい社員を募集し、チームビルド、プログラム概要を把握するためのBootcampを実施します。その後チームに対し、外部からの講師を迎え、サービス創造に必要な手法や基礎知識を学び、ターゲットユーザーへのインタビューを行うなど、より実践的なプログラムを実施します。本プログラムでは各チームの進捗状況に応じて、個別に顧問として開発の実践をサポートしていきます。ドコモは、常にスピード感をもって社会へ新しい価値を提供し続けていく企業であり続けるため、継続的にイノベーションを創出する人材育成に注力しています。

グローバル人材育成

海外ベンダーとの製品開発やOTTプレーヤーとの協業・交渉など、国内業務のグローバル化に対応するため、従来型のTOEIC中心の自己啓発による語学習得から、より実践的なプログラムとして施策を強化しています。社員同士で語学力向上に取組む「グループ学習支援」や、留学、グローバルOJT経験者や海外拠点の社員との交流の場を設け、社員のモチベーションを向上させる交流会などを実施しています。

実践力を高める 留学 トップスクールへのMBA/LLM留学(1~2年間)
グローバルOJT 子会社や現地法人での実務経験(半年~1年間)
スキルチェック
(TOEIC SW、Versant、TOEFL)
スピーキングやライティングスキルの測定を推奨し、より高度で実践的な英語力を強化
語学力を高める 語学スクール支援 通常の会話が可能なレベル、実践的にビジネス英会話ができるレベルに到達できるスキル習得を支援
スキルチェック
(TOEIC LR)支援
リスニングおよびリーディングスキルの測定を推奨し、基礎力習得を支援
語学通信教育 リスニング力、ビジネス英語、TOEIC試験対策などで、自ら学ぶ機会を支援
資格取得奨励金 TOEICの点数に応じた奨励金の授与
学習法の紹介 語学の継続学習の後押しのために、おすすめの学習方法、書籍やアプリを社内システムにて紹介
マインドを高める 交流会 留学、グローバルOJT経験者や海外拠点の社員との交流の場を設け、グローバル志向のある社員のモチベーションを向上

留学

ドコモは、グローバル分野で活躍できる人材の育成を図るため、入社4年目以上の社員を対象に1~2年間トップスクール(MBA/LLM)へ派遣する「留学」を実施しています。

グローバルOJT

ドコモは、増加する海外ベンダーとの交渉力を高めることなどを念頭に、入社4年目以上の社員を対象として海外の現地法人・子会社・出資先企業・提携先企業などへ派遣する「グローバルOJT」を実施しています。
このOJTは、実務を通じて語学力だけでなく国際感覚・商慣習などビジネススキルの醸成を図ることを目的としています。研修プログラムは、派遣する社員一人ひとりの経歴を踏まえて営業・サービス企画・開発など多岐にわたり、いずれも国内では得難い貴重な経験を積む機会を提供しています。