ドコモの人々

事務系

岐阜支店 営業部

2017年入社

田村 七帆

ドコモは
自分が自分らしく
いられる場所。

ただ売ることを考えるのではなく、
お客さまを想った提案を行っています。

入社2年目。現在、わたしはドコモショップの販売コンサルティングの仕事をしています。携帯電話を購入されるお客さまは、ドコモの商品やサービスを通じてそこにある“楽しさ”もいっしょに購入されています。だから、“売れればいい”のではなく、お客さまにとっても、店舗にとってもプラスになる最適解を生み出すことを意識しています。
研修期間中はドコモショップに勤務。直接お客さまと対話した経験のおかげで、現在も常に「すべての仕事の先には、お客さまがいる」ことを忘れずに業務と向き合えています。また、ドコモショップのスタッフの方々といっしょに店舗の困りごとを悩んで、解決できるたびに、毎回発見があるんです。

個性を尊重する社風に惹かれて入社。
ドコモは「自分らしくいられる場所」。

何に興味があるのかもわからないまま、はじめた就職活動。まずは職種を絞ることなく、さまざまな業界を見ていました。そのなかで出合ったのがドコモです。直に接したドコモ社員の方たちの人柄に惹かれたのと同時に、「面接では長所を見る」という言葉を聞き、個性を尊重してくれる社風なのだと感じました。
想像どおり、ドコモは「自分が自分らしくいられる場所」でした。自分の長所を伸ばし、若手のうちからチャレンジできる環境がある。就職活動のときに感じた直感は、間違っていなかったと思っています。また入社理由のひとつに「働くお母さんになる」という夢を叶えやすそうだと感じたことも影響しています。育児への理解も深く、制度も充実しているので、夢に向かってポジティブに働けています。

1日のスケジュール

  • 起床・通勤

  • 出勤

  • 店舗の課題分析

  • 担当店舗の優良事例や課題の
    共有のためのミーティング

  • 昼食

  • 店舗で店長とリーダーと
    課題解決に向けた商談

  • 退勤・移動

  • 同期とボルダリング

  • 同期と夕食

  • 入浴・勉強

  • 就寝

キャリアステップ

新人研修は事業内容や仕組みの理解から開始。
店舗での研修は、今に活きています。

東海支社 企画総務部
ローテーション研修で各部署の違いを学ぶ

営業部、法人営業部、ネットワーク部と、3つの部署を1週間ずつ回り、各部署の事業内容やネットワークの仕組みを学びました。特にネットワークはドコモのとても重要な部分。インフラ企業として、「あんしん・安全」のミッションを感じました。

東海支社 企画総務部
お客さまの声が直接聞けたドコモショップ研修

ドコモショップの店頭にて、接客対応を経験した4か月間。実際にお客さまとお話をさせていただき、現場を知ることができました。また、お客さまや店舗スタッフの立場で物事を考えられるようになったことは、今の業務にも役立っています。

岐阜支店 営業部
コンテストを開催し、店舗運営の向上に貢献

所属するチームで発案した「ドコモショップ対抗見積もりコンテスト(お客さまにわかりやすい見積書をつくる大会)」では、資料の作成と支店長へのプレゼンを行うなど、先輩に助けてもらいながら重要な役割を任せてもらいました。コンテストを通じて店舗スタッフの意欲も向上し、よい成果が上げられました。

学生時代から変わらない
「好奇心」

学生時代のわたしは、2つのことに夢中になっていました。ひとつが「勉強」。人間の心理・消費傾向に興味があり、マーケティングや統計学を専攻しました。もうひとつが「海外旅行」です。普段、自分がいる場所とは違う人たち、異文化にふれるたび、発見がありました。今も常に好奇心を持って仕事に臨めているのは、それらの経験がつながっているのかもしれません。

学生時代の自分へのメッセージ

「今しかできないこと」を楽しんで! ドコモは休暇の取りやすい風土がありますが、それでも社会人になれば、2週間以上の休みを取れる機会は多くありません。“大学時代だからできること”がきっとあるはず。やり残しのないように!

OFFのわたし

旅行が好きで、最近は北京とハワイに行きました。また同期と仲がよく、季節ごとに、七夕パーティーやクリスマスパーティーなどを開いて、集まっています。ごはんをつくったり、ゲームをしたり、お酒を飲んだり。リフレッシュしながら、絆も深まっていますね。