ドコモの人々

事務系

パートナー推進部

2011年入社

幾島 尚子

真剣に
打ち込んだ先にあった
"働く喜び"。

加盟店の開拓とサポートは、
いっしょにハードルを飛び越える感覚。

ドコモのポイントプログラム『dポイント』。その加盟店の開拓と、導入後のサポートがわたしの仕事です。dポイントはドコモのケータイをお持ちのお客さまでなくても、コンビニやファーストフード店、百貨店などのさまざまな場所で利用可能なポイントプログラムです。dポイントに加盟いただいた企業には、導入後に効果分析を実施して利用促進のための提案などもしています。
加盟店を開拓するなかで、「本当に効果があるの?」と疑問を持たれるケースもあります。そんな時は、同じ気持ちになってから、疑問や不安を払拭していくことを心掛けています。導入につながった時には、お客さまといっしょにハードルを越えられた達成感がわきました。

相談する相手に困ることがない、
それがドコモのすごさ。

就職活動前、ドコモといえば“携帯電話の会社”というイメージが強くありました。ですが調べてみると、ドコモに蓄積されたさまざまなデータが、ほかの企業のビジネスに役立てられていることを知り、「ドコモってこんなこともできるんだ!」と驚きました。変わらず守り続けていることがある一方で、最先端のことにも取組んでいる革新性が入社を決めたポイントです。
ドコモは組織も大きく、人も多い会社です。各分野のプロフェッショナルがいるため、相談する相手に困ることはありません。頼れる人が社内に必ずいるのはドコモのすごさだと思います。いつかわたしも誰かに頼られる存在になりたいと思いながら、日々業務と向き合っています。

1日のスケジュール

  • 起床・身支度

  • 通勤中に海外ドラマを視聴

  • 出勤
    メールチェック

  • 社内打合せ

  • 提案内容検討
    資料作成

  • 昼食(お弁当)

  • お客さま先にてサービスの提案

  • 翌日の訪問準備等

  • 退勤

  • 帰宅中に海外ドラマを視聴

  • 料理・夕食

  • 録りためたテレビを視聴

  • 寝室でくつろぎながら海外ドラマを視聴

  • 就寝

キャリアステップ

“お客さまのビジネスパートナー”としてのドコモに。
さまざまな立場でかかわってきた7年間。

山口支店 法人営業部
半年間の研修を経て、法人営業部へ

ドコモショップでの研修後、法人営業部に異動し、メディア・教育関係の担当に。法人向けのソリューションサービスの提案業務をしていました。

中国支社 法人営業部
個ではなく、チーム一丸となって業務に邁進

中国支社では個ではなく、チーム一丸となって、担当企業に提案を行いました。社内はもちろんお客さまの担当者とも密に連携を取ることで、単なる営業先というよりも信頼し合うパートナーとして強固な関係を築くことができました。

パートナー推進室
dポイントの利用拡大に貢献

dポイントの加盟店を拡大する業務を通じて、さまざまな業種の経営者や現場スタッフとお話しする機会があり、わたし自身の成長にもつながっていると感じています。今後、より多くの方が活用してもらえるようなサービスの企画にもたずさわりたいと思います。

夢に見るくらい
アルバイトに勤しむ日々

学生時代は、アルバイトに夢中でした。夏休みや冬休みには、“これでもか”というほど詰め込み、朝から晩まで3つのアルバイトをはしごしたこともあります。当時は給料の総額を見て、その多さに達成感を覚えるだけでしたが、社会人になってからは、“誰かのためになっている”という喜びが生まれ、責任を持って仕事をすることの大切さ、楽しさを知りました。

学生時代の自分へのメッセージ

頑張ってドコモに入社してくれて、ありがとう! 就職活動中は何度も、地元・広島から東京や大阪に行き、慣れない土地を歩きながら、時に迷ったり、不安になったりしていたよね。よく頑張りました。ありがとう。

OFFのわたし

休日はのんびり過ごすことが多いのですが、旅行に行くのが好きで、沖縄には毎年行っています。仕事を忘れて海でゆっくり過ごすと、とてもいいリフレッシュになりますし、「また頑張るぞ!」という気持ちになります。