PEOPLE
INTERVIEW

未来を考える研究開発で、“世界のあたりまえ”を変える

共通(エンジニア)

6G・IOWNエンジニア

6Gネットワークイノベーション部

HOKAZONO YUKI

外園 悠貴

2019年入社

01 現在の仕事内容

社内で「もっとも先の未来」を考える。

6Gネットワークイノベーション部は、5Gの進化系となる5G evolution、そして6Gにおいてドコモが世界的リードを取っていくための実用化研究やユースケース開拓、標準化活動の推進などを行う、社内で“もっとも先の未来”を考えている部署だといえます。
私の主な業務は、HAPSを用いたブロードバンド拡大に関する研究です。HAPSとは携帯電話の基地局や中継器を載せて高高度を飛ぶ疑似衛星のことで、これを用いて、山間へき地や空、海といった非陸上を含めたカバレッジ(通信サービスを提供するエリア)を拡張するための技術開発や、世界的な統一規格を作成し、技術の普及促進に貢献する国際標準化などに取り組んでいます。

02 現在の仕事のやりがい

自分の仕事が世界のあたりまえを変える。

HAPSという新たな通信インフラが実用化されれば、あらゆる場所がネットワークでつながり、新たなサービスや産業を生み出すことができます。
大規模災害が起きたときにも継続的に通信サービスを提供できるなど、よりよい社会の構築に向けた技術開発に携わり、“世界のあたりまえ”を変えられることには大きなやりがいを感じます。
また、これまでの研究開発実績によって世界的な信頼を得られているからこそ、国際標準化活動において発言力があること、研究の成果や知見をスピーディにアウトプットできることなども、研究者として大変魅力的な環境だと思います。

03 これまでの挑戦

入社1年で「ドコモの代表」として国際会議に出席。

ローカル5G(地域や産業のニーズに応じてスポット的にネットワークを構築し、5G環境を利用可能にする技術)の国際的な会議の場で、日本人がたった1人という状況のなか、世界各国のローカル5Gで使用する周波数に関わる提案を行ったことが、もっとも刺激的な挑戦です。
当時、入社一年目で留学の経験もなかったのですが、上司は大役を任せてくださり、私の発言・提案は議事録にも掲載され、ローカル5Gの標準化に貢献できました。
「若手にもチャンスを与えてくれる会社」とは聞いていたものの、これほどとは想像しませんでしたし、「ドコモの代表」として国内外のさまざまなパートナーと議論を交わす機会が豊富にあるのはやりがいを感じます。

04 今後チャレンジしたいこと

HAPSを新たな情報インフラへ。

前述のHAPSは5年後から10年後の商用展開を目指しています。現在もその研究開発において世界的なリードを取れている自負がありますし、ドコモの社員としてこの大きなプロジェクトに挑戦し、実用化まで見届けたいと考えています。
HAPSが新たな通信インフラとなれば、“空飛ぶクルマ”のような夢のあるユースケースへの応用も夢ではなくなります。そのためにも、HAPSを社内で一番理解している人材になることが現在の目標です。

05 ドコモを志望した理由

高い競争力があるドコモは、自身を大きく成長させてくれる。

大学では通信工学を専攻し、通信技術は私たちの日常生活や企業活動の根幹にあると日頃から感じていました。
就活当時、5Gはまだ商用化されていませんでしたが、ドコモが5Gの標準化に注力し、特許の保有シェアで世界トップクラスの実績を持っていることを知り、国内外で高い競争力を誇るドコモなら、私が取り組んできた研究を生かし、自身の大きな成長が期待できると感じました。
通信分野の研究開発で“世界のあたりまえ”を創造する力があると確信できた——、それがドコモに入社した理由です。

06 学生へのメッセージ

挑戦への意欲がある方こそ、ドコモへ。

今年度から「ウィルコース」が新設され、初期段階の配属先をある程度絞れる採用が始まると聞いています。この制度からもわかる通り、ドコモは若手社員の声を聞いてくれるし、チャンスも与えてくれる会社です。
自分の裁量で進められる分、目的意識や責任感は欠かせませんが、だからこそ多くのチャンスをつかむことができる環境です。何事にも挑戦したいという意欲がある方は、ドコモで働くことを強くおすすめします!

OFF SHOT

オフの時間の過ごし方

K-POPや邦ロックのライブ配信を観たり、社内のゴルフ部に所属しているので、ゴルフ部の方々や同期、学生時代の友人と出かけたりすることもあります。ちなみに、6Gネットワークイノベーション部の拠点である横須賀リサーチパークにはグラウンドがあり、(過去には)平日のランチタイムにはフットサルもしていました。ピッチ上では上司も部下も関係なく“削り合って”いましたね(笑)。

1DAY
SCHEDULE

  • 5:00
  • 6:00
  • 7:00
  • 起床
  • 8:00
    朝食、朝風呂
  • 勤務開始
  • 9:00
    メールチェック
  • 10:00
    5GEvolution&6Gの技術検討、資料作成
  • 11:00
  • 12:00
    昼食、フットサル
  • 13:00
    国内パートナー社との打ち合わせ
  • 14:00
  • 15:00
    メールチェック
  • 16:00
  • 17:00
    チーム内での技術議論
  • 18:00
  • 19:00
    (時々)海外パートナー社との打ち合わせ or 退勤
  • ゴルフ練習
  • 20:00
  • 21:00
    お風呂、夕食
  • 英会話勉強、無線通信に関する勉強
  • 22:00
  • ゲーム等
  • 23:00
  • 24:00
    就寝
  • 1:00
  • 2:00
  • 3:00

※掲載内容は2020年12月時点のものになります

より詳しいエンジニア情報
ドコモ開発者ブログ
ENGINEERING BLOG
AI・機械学習、無線通信、データ分析などの事例紹介や調査・分析結果、イベント等をご紹介しています。
ドコモ開発者ブログ

OTHER INTERVIEWS

ビジネスデザイン(コンシューマ通信)

高山 賢人

ahamoのブランディングで、
若年層の新しいファンを創る

ビジネスデザイン(コンシューマ通信)

荒木 里美

ドコモショップの運営設計で、
豊かな生活をお客さまに提供する

セールス(コンシューマ通信)

藤井 萌

ドコモショップのコンサルで、
お客さまに最適な体験を届ける

ビジネスデザイン(スマートライフ)

關 瑞樹

dマーケットの企画運用で、
お客さまに新たな価値との出会いを提供する

ビジネスデザイン(スマートライフ)

土田 優斗

保険サービスの変革で、
世の中に新しい安心を創造する

セールス(スマートライフ)

寺町 沙紀

オールドコモで、
dポイント・d払いを日本一のサービスにする

ソリューションエンジニア(法人)

濱野 皓一郎

ビジネスと技術、両視点で、
真の「お客さまのため」を追求する

ビジネスデザイン(法人)

小倉 万穂

ソフトウェアロボットで、
様々な人や企業の創造性を支える

ビジネスデザイン(法人)

市川 聖子

最新技術によるサービス開発で、
世の中に新しい文化を生み出す

セールス(法人)

髙槻 侑香

お客さま企業との協創で、
経営課題と社会課題を解決する

セールス(法人)

長谷川 諒

お客さま企業との協創で、
経営課題と社会課題を解決する

プロダクト・サービスエンジニア

富田 俊佑

アプリ開発マネジメントで、
世の中によりよい影響を生み出す

プロダクト・サービスエンジニア

宿崎 真由

デザインの力で、
ユーザーに愛されるサービスをつくる

プロダクト・サービスエンジニア

原 亜珠沙

アプリ開発マネジメントで、
世の中によりよい影響を生み出す

AIエンジニア・データサイエンティスト

藤原 大悟

技術の追求と事業への還元で、
社会課題の解決を模索する

AIエンジニア・データサイエンティスト

阿座上 知香

AIによるデータ分析で、
あらゆるサービスの課題を解決する

セキュリティエンジニア

吉川 祥代

AIによるデータ分析で、
あらゆるサービスの課題を解決する

ネットワーク・インフラエンジニア

小川 弘顕

次世代の無線基地局で、
安価で高品質な通信環境を整える

ネットワーク・インフラエンジニア

津上 晃多

最先端のネットワーク技術で、
豊かな生活にアップデートする

ネットワーク・インフラエンジニア

西川 結宇

最適なネットワーク構築で、
ストレスのない快適な生活を実現する

ネットワーク・インフラエンジニア

外園 悠貴

未来を考える研究開発で、
“世界のあたりまえ”を変える

リーガル

秋山 友里

社会になかった新領域で、
法的論点のあり方を先導する

アカウンティング&ファイナンス

山田 麻樹子

事業や組織への理解を深めながらに寄り添い、
ビジネスの推進をサポートしていく

PEOPLE INTERVIEW INDEX