CROSS
TALK

04

クロストーク 新入社員×社会人生活

仕事、プライベート、就活についての本音トーク

入社1年目、業務にも少し慣れてきた4人による座談会。仕事のこと、プライベートのこと、そして就活についての「本音トーク」を展開。彼らが語るドコモの魅力とは?

  • あおい

    茨城支店 営業部
    コンサルティング営業

    AZUMA AOI 東 碧維

  • けん
    せい

    無線アクセス開発部
    先端研究開発(ネットワーク)

    SAITO KENSEI 齋藤 剣聖

  • ミキ
    ティ

    第一法人営業部
    ソリューション営業

    TERAJIMA MIKI 寺嶋 美紀

  • がん
    ちゃん

    プラットフォームビジネス推進部
    プロダクト・サービス企画開発

    NARISAWA MOMOKO 成澤 桃子

ドコモは「個」を尊重してくれる、居心地のいい会社。

あおい みんな、就活中はいろんな企業を受けたと思うけど、そのなかでドコモを選んだ理由を聞いてもいい?

ミキティ 私はドコモの面接中、自分がすごく自然体でいられて、「ありのままの私」を受け入れてくれる会社だと思えたの。ほかの企業の面接を受けているときは、「私は社会人になったら、自分を偽って生きていかなくちゃいけないんだ…」って感じてたから、すごく驚いたし「絶対にこの企業で働きたい!」って思った。

あおい 普段から上司と話をする機会も多いから、自分の率直な意見を伝えられるし、若手の声にもちゃんと耳を傾けてくれる。本当に社員一人一人の考えを大切にしてくれる会社だよね。

ミキティ あと、社会人になったら、若手社員は飲み会に絶対参加しないといけないと思ってたんだけど、うちの会社ってどこの部署でも自由参加だよね。

がんちゃん うん。そういうちょっとした部分でも個人の考えを尊重したいって風土を感じるよね。私はよく飲み会に参加するんだけど、みんなすごくフランクな雰囲気だから、楽しくてついつい遅くまで飲んじゃうんだよね。ちなみに、けんせいがドコモを選んだ理由は?

けんせい 僕は学生時代に無線工学の専攻で通信系の学会に所属していたんだけど、その学会を牽引しているのが、ドコモの研究者だと感じたから。通信の世界でトップをめざすなら、「絶対にドコモだ」って思った。

あおい やっぱりモバイル・IT業界のリーディングカンパニーであることって、ドコモの魅力のひとつだよね。僕は、通信は「人とのつながり」を作る仕事だと思っていて、そこにかかわりたいと考えたときに、一番社会に影響を与えられる会社に行きたいと思ったから、ドコモを選んだんだ。いつか、けんせいが生み出した技術を僕が世の中に届けることができたら面白いな! がんちゃんはどう?

がんちゃん 私は昔から、自分の目標である「二宮金次郎さん」みたいになりたいと思っているんだ。彼は見返りを求めずに、社会に対して献身的に尽くしてきた人なんだけど、通信も社会の「縁の下の力持ち」という点で似てるなと思ったから、ドコモを志望したの。だから今、誰かの生活を支える仕事ができていることに、私は日々、喜びを感じているよ。

助け合いの文化があるから、働きやすい。

がんちゃん みんな、日々、仕事と向き合う上で、意識していることってある?

ミキティ 私は法人のお客さまへソリューションを提供する営業業務を担当しているんだけど、ドコモで働いている以上、責任も伴うよね。お客さまの事業運営に欠かすことのできない通信を提供しているからこそ、ほかの企業の方も信頼してくださっているし、期待も大きい。それに応えたいなって、私は常に考えてるんだ。

がんちゃん そうだね。プレッシャーもあるけど、そんななかでも仕事をちゃんと楽しめているのは、先輩たちがフォローしてくれるからだよね。私は入社してから、「この人ともっと仕事したい。この人にもっと褒められたい!」って思える人にたくさん出会えた。だから、頑張れてるんだと思う。

けんせい かといって、先輩風を吹かすような人もいないよね。意見も言いやすいし、コミュニケーションも取りやすい。本当に働きやすい職場だと思う。

あおい うん。毎週『一斉退社デー』があって定時で帰宅する文化があるし、そもそも業務の効率性や残業に対しての意識が全体的に高いから、ワークライフバランスもかなりいい会社だよね。この前も、好きなアーティストのライブが当たったんだけど、平日の公演で諦めようと思ったら、「有給休暇を取って行きなよ!」って、先輩が背中押してくれて、驚いた(笑)。だって、ただの趣味だよ?

ミキティ 休みを取ることに、みんな寛容だよね。それに、有給休暇が1時間単位で取れるのも便利。この前も、おしゃれなお店でランチしたくて、お昼休憩2時間に延ばしたんだけど、「ドコモで働けて幸せだなぁ」って思ったもん(笑)。

がんちゃん 私もこの前、フレックスタイム制を利用して、15時に業務を終わらせて、テーマパークに行ったよ! 楽しかったなぁ(笑)。ドコモって、フレックス以外にも、いろんな働き方が選択できるのもいいよね。在宅勤務もできるし、仕事と育児を両立している先輩も多いから、結婚・出産に対する不安を感じたことがない。それが実現できているって、ドコモに「助け合いの文化」が根付いているからだなって、最近思うんだよね。

ミキティ 「子どもが熱を出しちゃった」と聞くと、すぐに誰かが「じゃあ僕が!」って、手を挙げるし、見て見ぬ振りをする人がいない。優しい人が多い会社だなって、入社して改めて感じるな。

あおい ドコモで働いていると、「人の優しさ」にふれる瞬間は多いよね。僕の働いている支店では先輩がメンターとしてサポートしてくれる体制があって、先輩たちは常に本気で自分たちと「人として」向き合ってくれる。だから仕事だけの関係じゃなくて、僕の場合は、いっしょに飲みにも行くし、週末も一緒に出かけるくらい仲もいい。何でも相談できるし、本当に「兄貴」みたいな人。出会えて感謝してる。

ドコモにはいろいろな未来を模索し、夢を実現できる環境がある。

けんせい 上司や先輩たちは、若手のことを応援してくれる文化があるよね。少し前も、終業後は何をしようかなって考えてたら、課長が「英語を習ったらどう?」って提案してくれたんだよね。ドコモは研修制度が充実してるから、通常より格安で受講できるし、将来にもつながるからって。

ミキティ 研修コース、いっぱいあるよね。私も文系出身で、入社してすぐはネットワークのこと全然わからなかったから、先輩に勧められてネットワークに関する研修に参加したんだけど、研修も業務として認めてくれるし、自己成長を後押ししてもらえるありがたい制度だなと思った。

けんせい 直接、今の業務に結び付くかどうか関係なく、ドコモには人の「努力」や「向上心」、叶えたい「夢」を否定する人がいないよね。自分が望めば、いろんな可能性を模索できる。これって、すごくいい環境だと思うんだよね。

がんちゃん 私もアプリのUIデザインに関する研修に参加したことがあるんだけど、すごく本格的で、ためになった。本当は学生時代に勉強しておけたらよかったのかもしれないけど、自分がどんな企業に入るかもわからないなかで、事前に勉強しておくって、やっぱり難しいと思うんだよね。だって、いろいろ迷うじゃない、就活中ってさ。

あおい そうだね。就活中って、選択肢がたくさんあるから、すごく悩むよね。でも、大切なことは「自分のやりたいこと」は何か、「自分はどうなりたいか」をしっかり思い描くことだと思う。もし、その未来がドコモとつながるなら「選んで間違いない会社だよ」って、僕は学生へ伝えたいな。

AFTERWORD

人事部からのひとこと

新入社員の皆さんは、会社にとっての「ダイヤの原石」そのもの。
就活のこと、仕事のこと、職場のことなど、それぞれの想いを語ってもらいましたが、今後もやりたいこと、実現したいことを胸に、ぜひ羽ばたいていってほしいと思います。