ドコモの人々

技術系

サービス運営部

2015年入社

渡邉 脩介

いつでもどこでも
「つながる喜び」を
守り続けたい。

通信ネットワークは、ドコモの要。
保守業務でより安全に、強靭に。

ドコモのネットワークの保守業務が仕事です。主なミッションは、これまでは人が鉄塔を昇降し行っていた点検業務を、ドローンを活用して“安全に”実施できるように改革すること。よりシンプルな操作で実施できるよう、自動飛行技術の導入も検討中です。
ネットワークはドコモの事業の要であり、わたしの業務は“縁の下の力持ち”的な役割です。表に出ることは少ないですが、災害時に、SNSで「ドコモつながる!」などの投稿を見ると、自分の業務が通信の根幹にかかわっていること、誰かの助けになっていることを実感するとともに、より強靭なネットワークの構築をしていかなければと身が引き締まります。

「通信の力」が教えてくれた、
つながる喜びがチャレンジの原風景。

わたしが生まれ育った場所は田舎で、携帯電話の普及が遅い地域でした。ようやく使えるようになり、友人といつでも連絡ができるようになった時の感動は、今でも鮮明に覚えています。ドコモを志望した理由も「通信の力で、暮らしや仕事を便利にしたい」と思ったからです。
ドコモは先輩・同期・後輩ともに、何でも相談しやすい空気があります。入社3年目に、「全国初の災害時受援体制の確立」(災害時に、支援物資を円滑に受け取るためのルールづくり)という大きなチャレンジができたのも、周囲のサポートのおかげです。今後は、「ドローンを活用した点検業務」の安全性の向上に注力しつつ、ゆくゆくはIoT関連やコンテンツビジネスの領域にもチャレンジしてみたいです。

1日のスケジュール

  • 起床

  • 通勤
    (タブレットで雑誌・新聞を読む)

  • 出勤
    メールチェック

  • ミーティング

  • 関連部門との打合せ

  • 昼食

  • 社外の協力会社さまとの打合せ

  • 打合せ資料/マニュアルの作成

  • 退勤

  • 趣味タイム
    (好きなアニメ関連のイベントなどに参加)

  • 帰宅

  • 勉強・ニュースチェック

  • 就寝

キャリアステップ

島根支店での基地局運営からスタートし、
現在は、災害対応も重要なミッションです。

島根支店 ネットワーク部
基地局設備の故障対応・新局設置提案に従事

小さい支店でしたが、だからこそ多岐にわたる業務を担当でき、多くの人とかかわるなかで、主体的に発信する力が身に付きました。

中国支社 災害対策室
中国支社の災害対応能力の向上に尽力

社内の他部署と連携し、災害時における行動計画を策定。ほかにも、ドコモの災害対応能力を社外へPRするために記者の方へ説明を行う“記者レク”や、関係機関と“防災訓練”を実施するなかで、幅広い経験を積むことができました。

サービス運営部
災害時における復旧業務も重要なミッション

ネットワークの保守業務のほか、災害時の対応も、わたしの重要なミッションのひとつです。災害によってネットワークが途切れた地域をいち早く復旧させるために、どう解決していくか検討し、復旧作業を統括する業務を担当しています。

世界大会の一歩手前で敗退
ゲームに熱中した学生時代

幼少期からずっと、アニメ・漫画・ゲームが好きな、いわゆるオタクでした。「対戦型の格闘ゲーム」が特に好きで、日本代表戦にも出場したことがあります。あと1勝すれば、世界大会に出られる重要な試合で負けてしまったことは、今でも悔いが残っています。ただ、大勢に見られるプレッシャーを経験できたことが、現在もプレゼンテーションの場などで、役立っていると感じます。

学生時代の自分へのメッセージ

細かいことはあまり気にせず、大抵のことは“何とかなる”で過ごしているわたしへ。社会人になるとかかわる人も多く、そうはいかない。小さなミスが大きく波及する場合もあることを知り、今から気をつけておこう!

OFFのわたし

島根支店時代に、ロードバイクを買って以来、ツーリングが趣味です。ひとりでも行きますし、先輩とも行きます。有給休暇を使って、ロングライド(長距離走行)することもあるのですが、その休憩中に飲むコーヒーが、言葉にできないほど感動的なおいしさです(笑)。